祈り
c0160364_0204639.jpgphoto:まだキレイな肌をしていた1ヶ月の頃の娘。
この手がたくさんの幸せを掴むことが出来ますように。



2ヶ月の頃から乳児湿疹が酷くて皮膚科に通っていた娘。
ステロイドを使い、コントロールしていたのですが、一進一退を繰り返す状態。
夜もグッスリと眠れず、ちょこちょこと起きては授乳をして眠りにつく日々。

導かれるように、ようやく道が見えてきた気がします。

どうか良くなりますように。







乳児湿疹が酷く、2ヶ月の頃からずっと通っていた病院を変える決断をしました。
先生の方針と私の考えは違うと決定的にする事が起きて、決心することが出来ました。

皮膚科に通い始めた頃よりは、断然キレイになったのは確かです。
頻繁に状態をチェックしてくれるし、色々とためになる話をしてくれたりと
信頼できる先生と思って、通い続けていました。
でも、時折先生の話に愕然したり、極論すぎて先生の言葉をそのまま受け入れられないこともありました。
娘は今、どういう状態なのかはっきりと教えてくれなかったり、ステロイドを使い続けているのも気がかりでした。


離乳食の時期はとっくに始まっているけど、先生に前もって注意もされなかったし、
改めて始めたことを伝えなかったのです。
もちろんアレルギーが出る可能性は高いと思い、進め方もゆっくりで細心の注意を払って進めてきました。

でも、先生は母乳を飲む間に食べ物なんて必要ない。不要なものを体に入れようとするから
拒絶反応としてアレルギー反応が出るのは当たり前。
離乳食を始めることで得るメリットなんてないと言われました。
ステロイドを使ってる時点で、普通の状態ではないのだから、同じ月齢の子と同じように考えてはいけないと。

それまで、弱めのステロイドでコントロール出来ているのだから良いですよ…と
言っていたのは一体、何だったのでしょう。
親に対し、安心させ気を落とさせない為の言葉だったのでしょうか。

あまりの事に、何も言えずその場は帰りました。
そもそも離乳食って何の為だったか…何が普通で何が普通じゃないのか。
何もかもが分からなくなり、しばらく頭を抱えました。

でも、やっぱり離乳食は必要と考え、これを期に病院を変える決断をしました。

ただ、次の病院をどこにすればいいのか、慎重に選ぶべきと実家の両親やママ友と色々情報を
交換している時、近所のママさんがたまたま我が家をセールスマンに紹介し、
訪ねて来たセールスマンの女性が娘の湿疹に気づき、自分のお子さんもアレルギーが
あるからと話を聞かせてくれて、皮膚科ではなくアレルギー科で一度テストを受けてみたらと
勧めてくれました。
アレルギー科…その方に言われるまで考え付かなかった…。

かかりつけの小児科がアレルギー科もやっていることを思い出し、テストを受けてみると
米、小麦、大豆、卵、ゴマ、ミルク、ダニ、ハウスダスト、基本的な野菜の全てにアレルギー反応が出ました。
あまりの多さに、離乳食に何を食べさせていいのか分からないからと詳しく調べるため、大きな病院を
紹介してもらい、一昨日、先生の話を聞きに行きました。
テスト結果にショックを受け、覚悟していたのに涙が止まらなかった私には冷静な決断ができる自信がなく、
先生の話を聞き逃さない為にも、主人にも一緒に話を聞いてもらいました。

疑問に思うこと、娘は今どういう状態なのか、今までの治療法で合っているのか、今までの経緯を全て話し、
体の隅々まで診て頂きました。

結果は、アトピーで娘は重い方。喘息の可能性は高い。
(時々ヒューというかピーと呼吸と一緒に音がしているので、症状が始まっている可能性があるのです)
でも、食べ物アレルギーの可能性は低く、皮膚の状態が悪いので全てにアレルギー反応を示している
状態だろう。今までのケアでは治る効果が薄いだろうと言われました。

まずは皮膚を良くすることから始めませんか?と先生は提案をしてくださいました。
体の洗い方やステロイドの塗り方、全てが今までとは違います。今までよりも大変なこともあります。
でも、変えることによって良くなるのであれば…と思っています。

そして、治療方法を指示するのではなく、提案として選択させてくれる先生の姿勢に打たれました。
先生を信じて、治療に臨んでみようと思っています。

ここに辿り着くまでに、ありがたいことに沢山の友人、両親が手を尽くしてくれました。
そして、このタイミングで訪れてくれたセールスマンの女性。
帰りが遅いため、短い時間で色々と話し合い、仕事を途中で抜け、立ち会ってくれた主人、
仕事を抜けることを許してくれた会社の方々、皆に感謝しています。
私一人では辿り着けなかった。

娘の生命力を信じ、痒みや痛みから解放され、何も気にすることなく、健やかに成長出来ることを信じて、
頑張りたいと思います。


長文、お付き合いありがとうございました。
[PR]
by plus_color | 2011-02-24 00:22 | Memo

<< チクチク 9ヶ月 >>