見つける幸せ
c0160364_11121596.jpg

去年から、モノとの付き合い方を見直してきました。

前はモノを持つことに意味を持たせて沢山のモノを所有していました。
ようやく、私は同時に色んな事が出来るタイプじゃないので、沢山のモノを管理するには沢山の時間と
体力が必要とストンと腑に落ちて、モノを厳選する方が快適に感じると実感、向き合っているところです。


片付けていて○○専用と用途が決まってるもの程、便利なはずが仕様頻度が低いのも意外な発見でした。


例えば、料理の下準備で切った食材をホーローのバットに…とステキな雑誌に影響を受けたけど、実際は洗い物が増え、狭い水切りカゴの中にパズルのように片付ける…家族に同じような事は出来ず、片付けるスペースを確保しようと頭を悩ませる。
それが段々とめんどくさくなり、調理後、盛り付けるお皿をバット代わりにした方が良いなとか。
ラップの代わりに別の皿や鉢を重ねてみるとか。スクレーパーの代わりにスパチュラを使ったり。


少し話が逸れるけど、鉄のフライパンで毎日の食事を作ったり、鉄瓶で朝一に白湯を飲む…など、
手間ひまをかける暮らしに憧れるけど、今は手入れに充てる時間を少しでも育児、家事の息抜きの
時間に充てたいから、テフロン加工のフライパンなど、便利なものの力を借りるのもアリと
ここ最近、ようやく思えるようになりました。


デメリットもあるけど、今は柔軟に私なりの快適な「兼ねる」を見つけることを楽しもうと思います。


*同じ事を同じタイミングで考えているステキな方がいて、背中を押され、肩の力を抜くことができました。
こちらこちらの記事。
[PR]
by plus_color | 2014-02-24 11:45 | Memo

<< 見つける幸せ -キッチン- 朝の時間割 >>