見つける幸せ -本-
c0160364_759323.jpg

本好きで沢山の本、雑誌に囲まれて過ごす事が至福の時間でした。
でも、場所に限りがあり、場所確保の為に、インテリア雑誌は手放す本を選び、切り抜きして、スクラップブッキングをして。
レシピ本はページをファイリングして。
今は小さな子の近くではカッターの刃も危ないし、時間も無い。

レシピに関しては、料理好きでファイルが何冊も、本のまま保管しているのも何冊もあります。
だけど、そんな膨大な量のレシピは作り切れず、いつも決まった範囲をグルグルしています。
ファイリングしただけで満足し、本を買った事に意味を持たせて、手放しやすくしただけと気づきました。

なので、本の全てを繰り返し見る程かどうか考えると、大概が「いいえ」。

色んな理由から、本の買物もほとんどしなくなりました。
本を読まなくなった訳ではありません。

今、図書館の本は充実しているので、ステキな本を見つけると、まずは図書館をチェック。
ほとんど借りる事が出来るので、我が家に迎える事は少なくなり、今、我が家にある本を大切にするようになりました。


前は図書館の私の好みの本棚をゆっくりと探すことが出来ましたが、キッズコーナーにいる事が多くなり、私はネットなどでオススメの本などをチェックして、ネット予約し、図書館では受け取るだけにしています。

娘もお腹にいる頃から絵本を読み聞かせしていたので、本が大好き。
毎晩、好きな絵本を選んでお布団へ入って、絵本を読んだら、おやすみなさい。
これがリズムになっています。

日中は暗記する位、繰り返し、繰り返し、読んで!とリクエストします。
そうすると、私が家事をしていて、一人で遊んでいる時、暗記した内容で読んでいるのです。
何度も読むことは初めはしんどいなー、他の本も読もうねーと沢山の本を読みましたが、その事に気づいてから、娘のリクエストに快く応えるようになりました。

良い母…ではなく、お互いに気持ち良く、一人時間をそれぞれの事で楽しめるように。

娘から教わったこと。
一つの本を何度も繰り返し読むことは、本にとって幸せなこと。
量より質を大切にする。


本を手に入れる為に、別の本を処分する。
多くのものがあるが為に片付けなきゃとソワソワする。
心が痛む事、頭のどこかでずっと気になる事を少しずつ減らして、気持ち良く過ごしたいな。
[PR]
by plus_color | 2014-02-28 07:40 | Book

<< お雛様 見つける幸せ -キッチン- >>